いろいろありましたが、無事にヒースロー空港に到着!

ロンドン市内へはヒースローエクスプレスで行きます。
往復だと少し安いのですが、片道のため最寄りの駅まで 25£/人 しました。高い。。

パディントン駅で乗り換え。
これがまた大きい駅です。

IMG_2096

地面に色のテープが貼ってあるのわかるでしょうか?
乗りたい路線の色のテープを辿って行くと目的の
プラットホームに行くことができます。

これ、私が気づいて主人に神扱いしてもらいました♪

イギリスの地下鉄にも変な人結構います。

私はこわくてちゃんと聞き取れなかったですけど
多分、「私お金なくて食べるものに困ってるから助けて」

的なことを1車両ごとに演説?して回ってる人がいて、
私は気配を消して(日本人だからめちゃ目立ちますが)
通りすぎるのを静かにまってたんですけど
ちゃんと余裕のある方がもってたサンドイッチとかを
あげるんですね。

こんな光景を結構見ました。
なんか、すごいなぁと思いました。
日本ではあまりみない光景。
怖いと思ってしまった自分を反省しました。

ホテルの最寄りの駅につくと、エレベーターがない!
ちなみにスーツケースの重さは20キロ以上。

主人は、「俺が2つ運ぶから、そこで待ってて!!」
とトレーニング中ということもあって、張り切ってカッコいいこといってくれたのですが、

いろんなアクシデントがあったし、絶対疲れてるはず!
私もできるところまで運ぼう!!!と思って
うんしょ!うんしょ!と運ぼうとしたその時

「僕が運んであげるよ!」
と通りがかりの少年(推定16歳位)

何も言うこともできないまま運んでくれる彼。
でも重すぎてすぐギブ。。

またまた、たまたま通りかかった紳士が
何も言わず一番上までリレーして運んでくれました!

私は「サンキュー」しか言えず。でも感謝と喜びは目一杯表現して
その裏で一瞬荷物をとられるかも??とかお金請求されるのかな?とか
考えてしまいました。

イタリアとかならそうなりかねないですもんね。

二人の素敵な男性はさらっと立ち去ってしまいました。

いろいろ失礼なことを考えてしまってごめんなさい。
本当に感謝しています。

イギリス好きかも♪と思った瞬間でした。

駅をでるとこんな感じ。

IMG_2098

え??パーティー??かお祭り??
と思ったのですが、この辺りは東京で言う丸の内、大阪で言う本町のようなところで、
仕事帰りにビジネスマンがパブで楽しんでいる様子でした。

いたるところがこんな感じで。
これぞ立ち飲みッて感じで私のパブの想像を超えていました。

夕飯はイギリスで生活している主人の友人と合流しました。

行ったお店はThe Anthologist
です。

飲み物だけのパブのスペースと食事の席はわけられていました。
リゾットはなぜミント系のハーブをいれたんだろう??って感じでしたが
全体的に大満足なお店でした。

IMG_2113

旅に出て、緊張の連続の毎日だったので
主人のお友達に会えて心からくつろぐことができました。
ありがとうございました。

明日からも楽しもう♪



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ランキングに登録しました!
ポチッと応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村