昨日4時間かけて、電車でカルロヴィ・ヴァリからプラハへ来ましたが、
今日、また大好きなカルロヴィ・ヴァリへ行こうと主人。

プップのホテルマンにバスだと早いし安いよ。
と教えていただいたので
調べてみると、2時間位片道700円位です。

確かに安いし早い。

地下鉄に乗ってバス乗り場まで。

DSC_2963

改札の近くにあるtabacで切符を購入。

DSC_2964

DSC_2966

DSC_3067

ここがバスの駅です。
カルロヴィ・ヴァリ行きのバスは1時間に1本あります。

DSC_2980

9時頃についたのですが、バスが満席で11時半のバスになると言われ、
切符だけ購入して一度戻ることに。

DSC_2993

共産主義博物館に行きました。

DSC_2995

入り口がわかりにくかったのですが、ここです。
入場料は850円位

当時の再現やビデオ上映やプロパガンダ等資料が
充実していました。
10時位でしたが、結構賑わっていました。

時間になり、バスへ

DSC_2985

DSC_3071

コーヒーのサービスもあります。

DSC_3077

飛行機みたいに映画も見れるサービスも。

あっという間に到着です。

DSC_3078

到着はこちらですが、出発はドルニー駅からです。
一昨日行けなかったところをテクテクテクテク。

DSC_3081

DSC_3088

DSC_3095

DSC_3102

DSC_3105

DSC_3111

DSC_3117

DSC_3156

温泉の成分で、赤くなっています。

DSC_3219

踏むと綺麗な音がなります。

DSC_3527

カジノロワイヤルの映画をスクリーンショットして、
同じアングルで写真をとって楽しみました。
楽しかった〜!

DSC_3132

DSC_3168

時間がきたので再びバスへ

DSC_3530

帰りは2階建てバスでした♪

プラハにも撮影場所があったと知り早速現場へ

DSC_3562

カジノロワイヤルの冒頭の00になるには、2人殺さないといけないとかいう話をして、
2人目を殺すところのビルです。
(なんか文字にすると恐ろしい)

他にも私達のような観光客がチラホラいました。

最後のディナーだから素敵なところで食べようということで、
こちらに決めました。

DSC_3570

DSC_3574

DSC_3580

川沿いにテラス席があって、景色は最高!
けどね、店員の対応が最悪でした。

というのも私達の後に入ってきた、明らかに予約していない白人の方が
川沿いの席に案内された。
え?と思ってよく見ると、アジア人は川沿いにいないんですね。
アジア人も多いのに、川沿い以外の席。
たまたまかもしれませんが、気分悪かったです。

他の客には、「今日担当します◯◯です」って丁寧に
対応するのに、ワインをサーブしてくれたから
「ありがとう」って私がいっても反応なし。

それからも、「ありがとう」反応無し。が続いて
その他の振る舞いもなんだか癪に障って
主人が怒りました。

食事の味も普通。値段は高い。
昨日のPod Veziの方がずっとおいしいし安い。

何か騒がしいなと思って振り返ると丁寧に対応されていた
お客さんもなにやら怒って帰って行きました。

やっぱり、不快な思いをしているのは
私達だけじゃないんだ!

DSC_3585

DSC_3586

いろいろ食べたんですけど、写真を撮る気分でもなくなり、
食事もだいぶ残して帰りました。

ウェイターも流石にやばいと思ったのか、
サービスでチョコレートを持ってきてくれて
「チップいらないから」って・・・。
誰がチップ払うか〜!!

最後のディナーでとても大事にしていたのに
とてもとても残念でした。

気をとり直して夜のプラハをお散歩。
カレル橋ではいたるところで演奏していて素敵な雰囲気。

DSC_3597

DSC_3609

プラハ最高!!。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ランキングに登録しました!
ポチッと応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村