a3528e0b42bfca3e3aba6ba98479c8d3_s

昨年、市の乳がん検診を受けたのですが、
結果がカテゴリー3で、
「良性疑い、しかし悪性は完全に否定できない」
というものでした。

 

検診では、はじめてのマンモグラフィー。
触診とエコーもしていただきました。

 

「石灰化」ということだったので、
友達に話してもよくある話と聞いていたし、
ネットで見ても、カテゴリー3なら癌の可能性は5〜10%とあり
まあ大丈夫だろうと楽観的な気持ちで
再検査にいきました。

 

結婚式の2週間前のことでした。

 

再検査にいくと、早速超音波。
おじいちゃん先生です。
言葉少なに険しい顔。
「判別が難しいんだよね」といいながら
何度も何度もグリグリグリグリ。

 

「じゃあ今から組織とりますからね、麻酔しますからね」
といわれました。
麻酔した後大きなマシンガンみたいなの持ってきて

 

あまりに突然過ぎて何がおこったかわからず
パニックになりました。

 

「すぐおわりますからね」といったあと、
バチンって大きな音。
麻酔してるので痛くはありません。

 

先生がカーテンの後ろに下がり、
他のスタッフの人となにやら話しているのが
聞こえてきます。

 

スタッフ 「これとれてませんよ」
先生  「あ、ほんま?? もう一回いってくるわ」

 

え。。痛くはないけど、超音波でグリグリされるのすごく不快。

 

先生 「すいません。もう一回とりますね」
私  「はい。。。。」

 

グリグリグリ(石を探すかんじ)
バチン!!

 

またとれてなかったようで、
汗をかきながら、戻ってきました。

 

先生 「もう一回とりますね。」
私 「は、はい(不安)」
看護師さん 「ごめんなさいね〜。すぐすみますからね〜」

 

もうやだ。。大丈夫かこの人。麻酔切れたりしないやろか。
状況からなんとなくわかるけど
説明もないし。。

 

どうやら3回目はとれたようで(それすら怪しいけど)
着替えてもよいとのこと。

 

私「あの、今妊活していてるんですけど、子作りしても大丈夫ですか?」

 

先生は目もあわせず、
「え??今はやめといて。」

 

え。。それだけ?ちゃんと説明してくれないと怖い。
っていうかそんなに私ガンの疑い強いの??

 

私癌だったら子供あきらめなきゃいけないのかな。
このまま結婚してもいいんだろうか。

 

想定外のことが重なりすぎてショックでそれ以上の言葉がみつからず
次の予約だけ入れて帰りました。

 

帰ってから、インターネットで調べまくりました。

 

私がしたのはマンモトーム生検でした。
だいたい再検査でいくと超音波して経過観察か、
その次の段階だと細胞診。
それでも疑わしかったらマンモトーム生検って感じでした。

 

私の場合はいきなりのマンモトーム生検。
これは乳がん確定か。。あの時の先生の反応もおかしかったし。。

 

結果を聞くまでの1週間、生きた心地がしませんでした。

 

結婚前でしたが主人にも付き添ってもらって結果を聞きに。

 

「とれた細胞からは悪質なものは見つかりませんでした。
次はまた3ヶ月後に来てください」

 

とのことでした。

 

マンモトーム生検っていうのは、癌かどうかを白黒はっきりさせる究極の方法で
これで大丈夫であれば、その石灰化については癌ではないと確定できるものだ
と理解していました。

 

だから、マンモトーム生検で良性であれば、
定期的に乳がん検診を受けるようにとか、
早くても6月後に再診という記事をみていました。

 

良性なのに3ヶ月後に再診ってどういうこと??
またあの嫌な思いをしないといけないの?

 

石灰化がある限り癌と判断されるまで、
こんなことを3ヶ月ごとにしないといけないの?
石灰化をよくするための方法を教えてくれたりとかないの?

 

良性でホッとしたものの、もしや細胞が取れていなかったから
3ヶ月後か??とモヤモヤモヤモヤしてました。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ランキングに登録しました!
ポチッと応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村