3140b10c63c8f51dc3043dd5ea8bb255_s

前回の診察で3ヶ月後来るようにと言われたので
3月頃にいかなければいけなかったのですが、
マンモトーム生検で良性と確定しているし
先生に不信感がありすぎて、足が遠のいていました。

 

同じ病院で他の先生にかかろうかなとも考えたのですが
大きい病院なのに、乳腺外来はその先生しかおらず断念。

 

そうこうしているうちに、小林麻央さんのお話を聞いて
やっぱり嫌がっている場合ではないな。

 

体外受精もするし、その前に
ちゃんと診察してもらおうと思い直しました。

 

でもやっぱり前の病院には行く気になれず
人間ドックも「経過観察中の方は対象外」
とあったり、
大きな病院はいきなり診察してくれないとのことで、

 

地元に乳腺外来があったのでそちらで乳がん検診をうけることにしました。
ここで問題があれば大病院の紹介状をいただけるだろうと考えました。

 

予約でいっぱいで電話した日から2週間後に検診となりました。
はじめに問診票を記入したのですが、
過去の病歴等に昨年のことを記入すると、
看護師 「今回は自費でうけていただくがん検診ですが、
自費なので高いですし、マンモグラフィーをとるだけだと
癌かどうか診断できませんので、改めて診察をうけられてはいかがですか?
前のレントゲン写真をお持ちいただければより正確な診断ができるかと思います」

と勧めていただいたので、予約を取り直して
昨年市で受けた時のマンモのレントゲン写真を取り寄せました。

 

改めて受診すると、マンモグラフィーをとって問診へ。

 

レントゲン写真をみながら一言。
医者 「去年も病院にいって確認されているんですよね。先生もご存知なんですよね?」

と、ちょっと怖い質問をされました。

 

え。悪性??発見が遅かったのかな??それでそんなことをおっしゃってるのかな。
と心のなかで思いながら

 

昨年の診察内容を詳しくお話しました。
今回は若い女性の先生で丁寧にヒアリングしてくださいました。

 

医「お話を聞いている限りだと、マンモトーム生検をされたんですね。
超音波ガイドだと、3回位採取します。そちらの病院ではちゃんと石がとれたか
その場で確認されていたんですね。きちんとされていると思いますよ。

 

石をとって癌ではないと確定しているので、癌ではないという判断で問題ないと思います。
石灰化は今回の撮影の結果今でもありますが、増えてもいませんしその点から言っても
大丈夫だと思います。ただ、お話を聞く限りの判断ですので、聞いたお話に間違いがあったら
話は別です。マンモトーム生検でないかもしれないし、石がきちんととれていたのかもわかりません。
妊娠前に白黒はっきりさせておきたいということであれば、
今回取ったレントゲン写真をもって前回受診された病院に行って、きちんと石がとれていたのか確認して
今回のレントゲン写真をみて判断していただくのが確実です。」とアドバイスしてくださいました。

 

なんだか、一年間なんとなくモヤモヤしていたものがスッキリ晴れました。
癌ではないと自信がもてました。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ランキングに登録しました!
ポチッと応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村