採卵日当日

 

主人は出張だったので、朝一の新幹線に乗って帰ってきてくれました。
起きれるのか不安だったので、

 

朝5時と
新幹線が新大阪に到着する時間に
主人に電話しました。

 

新幹線では爆睡していたようで、
「電話がなければ博多まで行ってたわ(笑)」
といってました。

 

よかった~。博多まで行ってたら
今日は授精できないとこやった。。。。。

 

昨日の11時から絶食。
飲み物は朝の7時まで。
それ以降は水もだめとのことでした。
時間10分前に到着し、今日は私を含め4組。
私は3番目だそうです。

 

IMG_1819

 

血圧を測って、受付をすませ、
個室に移動しました。
とてもきれいなお部屋で
リラックスできるようにヒーリング音楽や
ナレーションが用意されていました。

 

下着も全部脱いでガウンと
お尻の部分がない手術用のスカート??
に着替えしばらく待ちます。

 

血液検査と点滴をします。
お手洗いを済ませて
いざ処置室へ。

 

内心台に座り、
洗浄するところから始まります。

 

先日、採卵するのってどんな感じだろうと思って
通っているクリニックが出している、読み物を読んでいると
「採卵するときは、麻酔をするので眠っているうちに
採卵が終わりますよ。
寝てる間に終わるので痛くないですよ。」

 

と書いていました。

 

で、
先生が「〇〇入れて」←忘れました。。
で看護師さんが「ぼーっとしてきますよ」
とおっしゃったので、「これが麻酔か」
と思ったのですが、
一向に眠くなりません。。

 

確かに少し感覚が麻痺した感じはありましたが
意識はしっかりしています。

 

感覚はあるなか、採卵は終わりました。
針で刺したような感じはありましたが
確かにその時は痛くありません。

 

下着をつけていただいて、
別途に移動し個室に戻ります。
この間、採卵にかかった時間は15分程度でした。

 

しばらく寝ていると生理痛のきつい版みたいな
鈍痛があります。

 

先生が順番に回ってきてくださって
「5個の卵がとれましたよ」
とのこと。

 

私「??一昨日14個卵があるといわれたのですが、
もう排卵してしまったということでしょうか」

 

先生「卵胞は確認できても中身がなかったということも
ありますので、今日とれたのは5個でした」

 

とのことでした。

 

一昨日の地点で卵胞が17~19まで大きくなってたし
最低体温は昨日で36.1、今日は36.62だったし
排卵してたのもありそうだな。。
と妄想。

 

点滴がおわるまで、安静に寝て
点滴が終わるとHCG5000単位を注射します。
子宮内膜をふかふかにするためのお薬だそうです。
その後強制的にお手洗いにいかされます。

 

特に問題ないことを確認すると
サービスの飲み物をいただいて、
帰りました。

 

9時ごろに病院にいって、帰途についてのが12時ごろ。
歩いていると少し気分が悪くておなかが痛くなったので、
帰って少し休みました。

 

しばらく出血があるとのことで、今日と明日はシャワーのみ。
抗生物質とホルモン補充するウストロゲスタン膣用カプセルを
処方していただきました。

 

痛みは、数時間でとれました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ランキングに登録しました!
ポチッと応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村