今日は、移植の日です。

75d1bd23567b84dedd64741545184975_s

主人は友人の結婚式のため小倉へ。
でも、あることで喧嘩になり、病院に入る直前まで
電話かかってきて言い争いに。。

 

でも最後には「がんばって」と励ましてもらい
気を取り直して病院へ。

 

受付をすませると個室に案内されました。

 

私は3番目だそうで、移植をするのは
2時頃になりそうとのことでした。
2時まであと1時間。

 

それならなぜこんなに早く呼んだ!?
まだ主人と話したいことあったのに。。

 

と思っていたら、培養士さんが来てくださって、
卵の状態の説明をしてくださいました。

 

採卵した5つの卵のうち、4つが授精して
そのうち1つは分割が止まってしまったそうで、
現在3つ。

 

今回私は初めてだったので、
丁寧に説明してくださいました。

 

グレードが1~5まであって、これは形のきれいさだそう。
その中にもa,bがあって、小さいぶつぶつがあったらbだそうです。

 

分割の速さも重要で、遅くても早くてもあまりよくないそうです。
採卵から今日は2日目なので、4分割になっているものがよいとのことで、

 

一番状態のよい卵を戻していただくことになりました。
残りの2つはもう少し培養して、凍結するそうです。

 

次に、レーザー治療をしに看護師さんが部屋に。
知らなかったというか、同意書に大分前にサインした記憶はあるのですが、
今日だという認識がなかったのでびっくり。

 

低出力レーザーをすることで、血流をよくしミトコンドリアや細胞を
活性化し、卵の質を上げ(今頃??)着床しやすくなるそうです。

 

まったく痛くなく、首元、胸元、おなか6か所にレーザーをあてて
5分くらいで終わりました。

 

はあ、あとは移植を待つのみ!
と思ったらまた違う看護師さんが。。。

 

今度はマインドフルネスをしてくださるそうです。
来て早々、「落ち着いてそうですね」と
お言葉をいただいたのですが、
さっきまで泣くような喧嘩してたのにな。。。
と心の中で思いながら
マインドフルネスを実施。

 

おかげで心がリフレッシュしました。

 

そうこうしているうちに、2時に。
看護師さんに連れられて肺移植室へ
主人がこれなくて残念そうで、「カメラ持って入れたら
動画とっといて!」と頼まれていたのでカメラをもっていっていいか
聞くと、無菌室なので持ち込めないとのこと。
そりゃそうですよね。。

 

内診台に座り上を見上げると
今日移植する卵のタイムラプスが映し出されていました。
授精して分割する様子をみることができます。

 

はじめに洗浄して、器具をいれ培養士さんから
卵を受け取り移植します。

 

超音波の映像を見せてくれて、

 

「ここが子宮で、ここからこのあたりに移植します。
卵が入ると白く映るので見ててくださいね」
とのこと。

 

本当おっしゃる通り、白い卵が子宮に入っていくのが
見えます。なんかなんとも言えない感動。

 

さっきまで卵を映していた天井が星空に変わり
癒されました。

 

痛みは全くなかったのですが、
先生から
「今日は、移植したので少量の出血があるかもしれませんが
問題ありません。」と言われました。

 

車椅子で個室へ戻りしばらく安静に。

 

個室を出て処置して戻ってくるまで15分くらいでした。

 

主人に無事に終わったことを報告して
ゆっくりしてると、
注射を打つために看護師さんがやってきました。

 

「おしりと肩どちらにされますか?」
ときかれ、おしり??は恥ずかしいので
肩に 注射をお願いしたら、これがまた痛い!!!

 

一日ずっと痛かったです。
筋肉注射ならそういってくれればいいのに。。
それでおしりの選択肢があったのか。。
と後悔。

 

少し安静にして、サービスのケーキと柚子茶を
いただいて帰りました。

 

料金はお薬代やいろいろ含めて253,450円でした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ランキングに登録しました!
ポチッと応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村