324f35968f5cbc0b2a4715e37338ccd4_s

新鮮胚移植をしてからも、
私以上に主人がナーバスに。

 

採精した当日は徹夜、二日酔い、風邪気味、情緒不安定と
コンディションが最悪だったので精子や今後の赤ちゃんの成長に
に影響がないかと心配しています。

 

そういったことが赤ちゃんの
情緒や成長、性格などに影響しないかを心配しています。

 

赤ちゃんに何か変わったことがあった時に、
採精した日の体調が悪かったからではないかと
一生引ずってしまいそうだとのこと。

 

 

移植前に、先生にも看護師の方にも大丈夫だと
いわれたのですが、
その時の解釈では、受精するかどうかに対して
大丈夫だと言っていただいたと認識していて、
赤ちゃんの成長や性格に与える影響について
もやもやが残るとのこと。

 

ネットで調べても特に情報はでていないし、
精子ができるまでには80日以上かかるから
その前後の体調によって左右されるわけではない
といったお話ばかりでした。

 

私も、体調が悪ければ精子の量が減ったりそういった影響は
あると思うけど、それが染色体を傷つけるとか、遺伝子情報に
影響を与えるってことはないと思うよ。

 

って主人を励ましていたのですが
決定的な証拠?となるような情報がなく
どうも納得してくれず、不安だ不安だと
同じ話の繰り返しで
「お医者様に聞きに行こう」といっても
挙句の果てには「正しい情報というより気持ちの問題やねん」と。

 

私にどうしろと。。。。
話は聞いて励ましてるし、
ストレスが一番の大敵だから私にストレスかけないで
とお願いしても、同じ話を繰り返し。
しょうがないから聞いて、調べて励まして、私も辛くなって悪循環です。

 

私としては、既に私のお腹の中には卵がいてくれているのに
こんな話ばかり聞かせたくない。
そういった念って通じる気がするから
明るい気持ちでいたいって思う。

 

そんな時に、凍結確認のメールが。
残りの2つの受精卵が成長止まってしまったようで
凍結できなかったとのこと。
話聞きたかったら連絡してね的な内容でした。

 

これまでの不安が絶望に変わり、
他の2つがだめだったら、今のお腹の卵ちゃんももしかして。。。。。
嫌な考えしか浮かびませんでした。

 

2つがだめでも、妊娠することはあるのか
ということも聞きたいし、主人の不安を少しでも和らげるためにも
結局2人でお医者様にお話を伺いに行くことにしました。

 

先生のお話としては、
同じ時に採れた卵と言っても一つ一つ違いますので、
他の2つがだめでも十分妊娠の可能性はありますとのこと。
培養液で育てるだけよりも、体内のほうが環境がもちろんよいので
希望を捨てないでとのことでした。

 

主人の不安については、
ご主人の体調と子供の成長の因果関係を
調査したものがないので、医学的な見地をはっきり申し上げることができない。

 

と、なんとも正直にお話くださいました。
ただ、励ましてほしかったんだけどな。。

 

けど、お医者様という立場上「大丈夫」とむやみに
お話できないでしょうし、言葉を選びながら
一生懸命いろいろお話くださったのですが結論はそんな感じでした。

 

遺伝子や染色体に問題があれば、
そのまま育たないとか
そういったことになると思うし、
心配ばかりしてもいいことはないので、
ここまできたから、後は明るい気持ちで
判定の日まで待ちましょう!!

 

となって診察を終えました。

 

こういった相談でもお金かかるんですね。
お話を伺って2700円かかりました。。

 

この日以降、主人も不安を口にだすことなく
お姫様生活により協力してくれました。

 

まだ不安も残っただろうに、ありがとう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ランキングに登録しました!
ポチッと応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村