a1109a7591408936c8094d3f0125b4a0_s

私の通っているクリニックでは、西洋医学だけではなく東洋医学にも力をいれています。

食事の改善、ウォーキング
サプリ(葉酸、Lカルニチン、メラトニン、スピルリナ)の摂取
ヨガと、思いつくだけの努力をしてきたのですが、
結果が伴わず、藁にもすがる気持ちで
今後何を心がけたらよいか相談にいきました。

主人も摂っているサプリが多かったので
すべて写真を撮って、かえって治療のの邪魔をしているものがないか
チェックしていただきました。

クリニックの薬剤師さんが、一つ一つ成分の含有量も調べて
それぞれ全部とったら、この成分が一日の摂取量を超えてしまうとか、
この成分は体に蓄積されるからあまり飲まない方がよいとか
とても丁寧に調べてくださいました。

私が飲んでいるものは特に問題なし。

東洋医学では、胃腸を整えることがまず第一
栄養も食事からとるのが大事。
胃腸の調子が悪いと、せっかくの栄養を吸収することができないから
まずそこから見直しましょうとのこと。

私はいたって、胃腸の調子は良いのですが
今回の採卵でOHSSになってしまったから
便秘とおなかの張りがひどい。。
生理がきたら落ち着くといっていたのに
一向によくならない。

マイナスからのスタートだ。
がんばらなきゃ。

あと、自覚症状がなくても鍼灸やリフレクソロジーの先生が触ると
体の不調を見つけてくださるそうで、そういう声を聴いてみるのもよいのではないかと
ご提案いただきました。

私の通うクリニックでも受けることができるので、
鍼灸とリフレクソロジーを一度受けてみようと思います。

その日は、たまご相談室の予約もしていたので、
前回の受精卵について、いろいろ気づいた点を教えていただきます。

あらかじめ、質問はメールしていたので
きちんと用意してくださっていました。

卵について、9個すべて成熟卵。
なにか皮が厚いとか未熟とか、気づいたことがあったらコメントを残すシステムだそうで、
特にコメントもなかったので良好な卵であったとのこと。

精子についても同じです。
ただ、当日に体外受精から顕微授精に切り替わっていたので
量は少ないようです。

このあと、3日目の段階でグレードが低く、フラグメントが多く
凍結できない状態。ほかのクリニックだとここで培養を止めるレベルだったそうです。

ただ、奇跡的に胚盤胞になることもあるそうなので、培養を続けてくださったけれど
5日目でもう分割が止まってしまったそうです。

今回は2日目の写真がないので、前回初期胚を移植した時とは比べられないようです。

よく、受精後3日目までは卵の質のせい、それ以降は受精卵の力だといわれているそうで、
ただ、最近の研究では精子の方に問題があっても、卵がそれを修復するのに力がかかって
分割が遅くなり成長に影響するともいわれているそうで、
一概にどちらのせいとは言えないようです。

大変失礼ながら、培養技術や設備によって受精卵に与える影響についても
聞いてみました。
詳しい内容は控えますが、信用にたるクリニックだと実感できたので
質問してよかったです。

あまりに受精卵が育たなかったのが衝撃的過ぎて、何かのせいにしてしまいたくなっていたんだと思います。
だめだなぁ。

結局お話を聞いても、育たなかった理由というのは不明で
体調を整えて、また、顕微受精をするかその一歩先の治療をするしかないようで
39歳という年齢で、本当に焦る気持ちでいっぱいなのですが
確証がないものにかけるには、治療費が高すぎて。
だめだから、はい次!もう一回!っていう気軽な金額じゃなくて。
本当に望みが持てなくてつらい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ランキングに登録しました!
ポチッと応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村