採卵後、3日目に授精確認の電話をしました。

受付開始の10時。
電話してみると繋がりません。
そりゃあみなさん一斉に電話しますよね。

ようやく30分後くらいに繋がって
お話を聞きます。

16個採卵でき、8個を顕微授精、8個を体外受精にしてもらっていました。
顕微授精のうち3つは未熟だったそうで、5個が授精。
体外受精は全て授精。

3日目の現在13個がいい状態で成長しているようです。
「2つくらいを凍結しておいて、残りを胚盤胞まで培養します」
と言われましたが、前回胚盤胞まで育たなかった経験があるので
凍結は3つでお願いしました。

前回は3日目の地点でだめみたいだったけど、今回はグレーども良いそうです。

これは期待できる!!

もう妊娠できる気しかしない!!
とルンルンでしたが、次の診察日に再び悪夢が。。

胚盤胞になったものがない。。
途中で成長が止まってしまったそうです。

なぜだー。
2回も続くともう技術の問題とかではなく
純粋に自分自身の老化の問題なんだと
身にしみました。

でも、初期胚もあるし、環境があわなかっただけかもしれないし
お母さんのお腹の中の方がいいにきまっている。
遺伝子だって全ての受精卵で違うんだから希望がありますよ!
って励ましていただきました。

今回が最後の採卵だと主人と約束しているので
後は、卵を迎えるのにベストを尽くします!

そして迎えた移植周期。
亜鉛銅検査とビタミンdの検査の数値が悪く
移植は次周期と言われ、断念。

サプリをたくさん飲むことになりました。
2週間くらいで効果がでてくるそうで、
そうなると移植は難しくても人工授精ならよいとのことで
人工授精をしました。

なんとなく、いつもと違う感覚があったのですが、
デュファストンを飲み終えて2日目の6時過ぎにリセットしました。
うう。。
険しい妊娠への道。

次からは移植周期のお話です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ランキングに登録しました!
ポチッと応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村